院長のブログ

2021年

3月

18日

胃・大腸カメラの説明動画を作りました

 前回のブログが昨年の9月かぁ…、あっという間の半年でした。

いろんなことに追い回されていました。言い訳ですが、ハハ。

 

 ブログは更新していませんでしたが、いろんなことをたゆまず進めています。

その一つが胃カメラ・大腸カメラの説明動画です。

検査前の準備と検査当日の流れについて説明しました。

 

 初診の方が重なり、巻いて診療しないといけない場面になると、カメラの説明内容もはちょりながらの短い説明になりがちです。

 もう少しわかりやすいようにならないかなと色々物色して見つけたのが、スライドを作るパワーポイントを使った動画でした。パワーポイントは使い慣れたソフトですので、これで動画を作れるなら私には何のストレスにもなりません。

 これをDVDプレイヤーで見ていただければ、待ち時間の有効利用になりますし、私の説明時間も節約されて、全体の待ち時間も短くなることが期待できます。

 

 その動画をYou Tubeにアップして、ホームページで見られるようにリンクしました。

検査を希望される方は事前にその動画をご覧いただければ、当日のスタッフからの説明に要する時間も短縮できるでしょうし、なにより理解も深まると思います。

 動画を2本もアップしたので、既に私は”ハナクソYou Tuber”ですね。

 

 いろんなデバイスやSNSを使って、質の高い診療をしていきたいと思っています。

 

続きを読む

2020年

9月

22日

冬のインフルシーズンに向けた取り組み

 今から12月が来るのが憂鬱です。

 原因はみなさんもご存じのコロナとインフルの区別がつかないこと……。あー、いやだ、いやだ。絶対熱を出す人はたくさんいるはずですからね。

 とまぁ、愚痴っていても仕方ないので、いろんな取組をしています。

続きを読む

2020年

5月

30日

新しい内視鏡がやってきた!

 4月からこれまでの胃カメラ1本・大腸カメラ1本に加えて、6000シリーズの新しい内視鏡を1本ずつ導入しました。

 

 3月まで胃カメラは月25件程度になり、大腸カメラは4-6週待ちで予定がパンパンになっていました。

 こんな小さいクリニックで待たせ過ぎの状況でしたが、原因は続けてカメラを行うにはカメラ1本では難しいことです。

 内視鏡専用の洗浄機にかけてからでないと、次の検査は行えません。洗浄にかける前に10分、洗浄時間が15分と、約30分かかってしまいます。カメラ1本では次々とは検査ができないのです。

 

 これではいかん!と気合を入れて、最新の内視鏡システムを導入することにしました。

 内視鏡って、かなりお高いんですよ。カメラ1本だけで、普通の自動車1台が買えるくらいです。

 内視鏡システム本体、カメラ2本…、結構勇気のいる買い物です。大人買いなんてできません、6年リースです。

続きを読む

2020年

3月

24日

さらば紀南病院!

続きを読む

2019年

12月

03日

田辺市医師会リレー散歩 2019年10月号

続きを読む

2019年

9月

07日

変わりゆく秋津町

 長いことブログの更新をさぼっていました。あっという間に季節が移っていくので、5月末にブログを更新して、これから夏がやってくるなぁと思っていると、気づけば夏が終わりに近づいています。まもなくお彼岸で、秋がやってきます。

 さて、ふじたクリニックもこの12月で開設4年です。あの頃、うちとお向かいのローソンができて、でも周りはたんぼで、広々したところでした。

続きを読む

2019年

5月

29日

優秀論文表彰

 この年になってヒトから誉められました。

 

 こんな患者さんに苦労してこんな風によくしましたとか、こんな珍しい経験をしましたとかを報告するのが、症例報告です。

 初めて目にするケースで、どう対処したらよいか分からない時には、よく似たケースが報告されていないかを調べて、治療の参考にします。

 地味ですが、症例報告の論文を書くというのは、臨床医にとって非常に大切な仕事です。

 

 ヒトから誉められることなくなって久しいので、クリニックの受付のところに飾っています。

続きを読む

2019年

3月

20日

第3回日本臨床肛門病学会2019

 今回で3回目となった「日本臨床肛門病学会」に参加してきました。

 今年の学会を主催する会長は、私の師匠である、大阪中央病院の斎藤 徹先生です。

 

 土曜の午前診療を終えて、13:30のくろしお→16:10ののぞみで18:30東京着。翌朝8:00から始まりました。

 

 テーマは痔瘻。その中でも一番頻度の多い、低位筋間痔瘻という狭い狭いテーマに絞って、朝8時~夕方4時まで、休憩は15分が3回で、あとはずっと発表・討論です。

 

 こんなマニアックな集まりに人がくるのか?と思うかもしれませんが、300人以上の参加者でした。

続きを読む

2019年

1月

16日

痔を専門とする医師を探そう

先日、技能認定医に認定して頂いた日本臨床肛門病学会が、「痔を専門とする医師を探そう」というホームページを開設しました。    https://jacp-doctor.jp/index.html

以下は、ホームページからの引用です。

 

 

あなたは今、痔でお悩みですか?

このサイトを訪れた方の多くは、

 

 ・痔になってしまったが近くに肛門科の病院がない

 ・恥ずかしい部位だけに満足のいく診断や治療を受けたい 

 ・この先生に手術を任せられるか心配だ

 

などのご不安をお持ちの方ではないかと思います。

 

このサイトではこのような患者様のために専門とする医師や専門とする病院をご紹介しています。

掲載しているのは日本臨床肛門病学会が認定した医師や施設です。

日本臨床肛門病学会は肛門病を専門とする日本で唯一の学会で、痔などの肛門病を専門とする医師を育成することを目的としています。

 

続きを読む

2019年

1月

03日

2019年が始まりました

 明けましておめでとうございます。皆様にたくさんの幸せがやってくる1年でありますよう願っております。

 さて、私はといえば、開業4年目に突入して、気持ちも新たに燃え上がる1年にしたいと思っています。昨年の手術・内視鏡件数はこれから整理していきますが、どの分野もまだまだ満足できるレベルではありません。肛門手術・上部下部内視鏡・漢方診療・内科診療が当クリニックの核です。

 肛門手術のレベルアップに終点はありません。肛門手術に本格的に取り組み始めて7年、研究会でお会いする先生たちのレベルにはまだ遠い。学会や研究会に参加して吸収するともに、懇親会でよくコンタクトをとって、いろんなことを教えてもらおうと思います。私の師匠、大阪中央病院の斎藤先生の手術見学にも行きたい。今年は休診をしてでも、そのような刺激を受けに出張も考えています。

 内視鏡、特に大腸内視鏡は、まだまだ無痛で短時間で挿入できない場合も多くあります。苦痛の無い挿入をすることを今年の課題にしたいと思います。50歳以上の方にはできるだけ大腸内視鏡を勧めて、1例でも治る段階の大腸がんのみつけたい。

 漢方薬の勉強をし始めて20年ですが、実力はまだまだです。脈診・舌診・腹診をもっと意識した診療をして、確実性を高めたい。今年はそういう漢方診療をマスターして、患者様のお困りになっていることを少しでも解決していきたいと考えています。

 内科疾患で定期受診される方も増えてきました。ガイドラインに精通し、全国レベルの治療を深めていきたいです。

 早い話が、私の中ではとても満足できる診療のレベルではありません。もっと高く、もっと強く、勉強すべきことは山のようにあります。外科医として手術を20年してきました。今度は地域の方々に役に立てるプロフェッショナルとして、地力をつけていく一年にしたいと思います。

 当クリニックを育ててくださるのは、受診される患者様です。全力で診療してまいりますので、本年もよろしくお願い致します。

 

続きを読む